全ジャンルから検索
日本酒・焼酎から検索
日本酒から検索
その他から検索

【お酒】 金銀銅男山 にごり酒 720ml 【同サイズ製品12本まで1送料です】【ケース売商品との同梱不可】(山口県日本酒)

【お酒】 金銀銅男山 にごり酒 720ml 【同サイズ製品12本まで1送料です】【ケース売商品との同梱不可】(山口県日本酒)
こちらの商品は、1本から販売致しております。【お酒】700ml〜900mlの1本売り商品となら、組合せて12本まで1送料です。お酒の単品商品をギフトにご利用の場合、または梱包に関しましては、こちらの「お酒の単品販売商品のギフト対応について」をご確認下さい。複数商品をお買上げの場合、送料が正しく表示されません。後ほど当店からのご注文ご確認メールにて、正しい送料をご案内致します。 日本酒 清酒金銀銅男山 にごり酒 720ml 工程の終わりに木綿を使用し喉越しまろやかに後味をさわやかにする工夫を凝らせて造ったにごり酒です。 山口県 永山酒造 〜永山酒造の歴史〜 永山酒造は明治20年(1887年)山口県厚狭郡二俣瀬村 現在の宇部市車地にて清酒「男山」製造蔵として永山橘太郎が創業を開始した、清酒製造業者としては新しい蔵です。 後発の蔵として県内各地に詰場としての蔵を設けながら展開する中、当時の酒処として栄えた近隣の船木や厚狭の酒蔵の勢力が強く、より良い酒質を求めて、2代目永山惣五郎の時代に、現在本社のある厚狭に大正8年(1919年)に蔵を建て清酒製造を開始。当時開かれた全国的な品評会で優等賞を受賞。 優れた酒質を後ろ盾に、沖の山炭鉱が開業し急速に発展した宇部市新町にも蔵を建て、そこを拠点に人気を集め売上を増やし現在の基盤を作り上げました。 昭和7年(1932年)、本社を二俣瀬から厚狭に移し法人企業となりました。 昭和20年(1945年)永山憲一郎が3代目の社長就任した直後、二俣瀬の蔵を永山大八郎酒場(現在の株式会社永山本家酒造場)としてのれん分け。 昭和57年(1982年)4代目永山惣五郎の時代に山口県工業技術センター(現在の産業技術センター)と山口大学と永山酒造の共同開発により和製ブランデーを目指し造られた米焼酎「寝太郎」を発売。 平成8年(1996年)山口県としては初めてのワイン「山口ワイン」を発売。 地域の農業との取組を強化。契約農家制を導入し農業と共に生きる酒蔵として始動。平成11年(1999年)永山純一郎が5代目の社長となりワイン工場を山口ワイナリーとして開業。 以上のような業績が評価され、平成19年(2007年)経済産業省より「中国地域の歴史ある企業選」に選定されました。 平成21年山猿としは初の全国新酒鑑評会金賞受賞。 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。 ■当店では未成年に対する酒類の販売は一切行なっておりません。■ こちらの商品は、ご注文後、土日と祝日を除き3〜4日後の発送となります。