全ジャンルから検索
日用品雑貨・文房具・手芸から検索
仏壇・仏具・神具から検索
神具から検索
香炉から検索

卯【のどか 小】伝統美術工芸品 高岡銅器400年受け継がれた職人技

卯【のどか 小】伝統美術工芸品 高岡銅器400年受け継がれた職人技
高岡銅器 は こちら 商品名 のどか 小 サイズ 幅100×高さ115×奥行60mm 素材・材質 鉄製PC台付 作者 環水※略歴 1929年生まれ 1968年日展初入選 以後連続入選 説明 高岡銅器は、富山県高岡市で慶長14年(1609年)加賀藩主前田利長公が高岡開城後に招いた7人の鋳物師達の手に よって始まりました。 昭和50年に国の伝統的工芸品の産地指定を受けています kyo/K/7 【納期の目安】一週間前後の出荷となります 在庫の確認にお時間を頂いています。ご注文を頂いた翌営業日でのメール返信となります。在庫切れの場合は、次回の入荷までお待ち頂く場合がございます。 ご了承ください。400年の心魂を伝える手技の華 高岡銅器 高岡銅器の歴史は江戸時代初期に、当時北陸を統括していた加賀藩主前田利長が、高岡城築城に際して城下の繁栄をはかる産業政策のひとつとして、現在の高岡市金屋町に鋳物工場を開設したことに始まったとされています。明治から大正にかけては、火鉢や瓶掛、茶道具、置物などの製作が増加し、高岡銅器の美術的価値が全国に知られるようになりました。明治時代にはパリ万国博覧会に出品されており、その巧みな技術力、精巧さが世界的に認められています。昭和50年には国指定「伝統的工芸品産地」に指定され、現在では全国の生産量の90%以上を占め、世界でも有数の銅器産地となっています。 兎は古来より神話や童話の世界に語り伝えられ、親しまれています 高岡銅器干支(卯) は こちら